教育失敗学から教育創造学へ   (読書編) ~子どもの教育に情熱をかける人々のために~ 

小学生と大学生の親です。 このブログでは,読書から得られた発見や視点を中心に,子どもの教育について考えていることを書き綴っていきたいと思います。

『日本国紀』が売れる理由

日本国紀
百田 尚樹
幻冬舎
2018-11-12

国民の歴史
西尾 幹二
産経新聞ニュースサービス
1999-10


 『日本国紀』を,17円+送料で売られている『国民の歴史』と読み比べてみることをお薦めしたい。読み応えは全然異なるが,似た「願い」が背景にはある。

 「新しい歴史教科書をつくる会」の流れをくむ教科書は2つあるが,「自虐史観」を問題視していることは百田氏と同じで,「同じくくり」に入るものと考えられる。

 それにしても,『日本国紀』には,Amazonの600以上あるレビューのうち8割が星5つで,しかもそれらのレビューの中には「参考になった」という応援が4000以上ついているものもあり,一種のブームになっている。しかし,星1つのレビューを読むとわかるように,参考文献が書かれていないとか,百田氏も認めているようにウィキペディアを参考にして書かれている部分があるとか,5刷で書き換えられているところがあることを,1刷や2刷を買って読んでいる人には伝わらないとか,様々な問題点を抱えているようである。下で紹介する「副読本」では,最終校正の段階になっても書き加えたことがあるなど,実は「完成版」ではないことは明らかである。近いうちに「増補訂正版」が出るのではないか。
 
 『日本国紀』は,著者の意図とは別に,今の日本の実態がそのまま反映されているという見方ができると思われる。もちろん,たとえば40万部発行されて(1月3日の日本経済新聞・朝刊の全面広告では,55万部,とありました),すべて購入され,4分の1の人が全部読めたとして,10万人。これから読者も増えていくかもしれないが,受験生にはお薦めできない。際どい内容はそもそも入試問題では出題されないが,そもそも著者が批判している相手がつくる問題だから,相性がよくないのも当然である。

 

 実は私はこちらの本の方を期待していたのだが,編集者との執筆事情などのやりとりや20年前に聞いたことがあるような内容が多く,「副読本」「学校が教えない日本史」というタイトルからは,かなり逸脱しすぎていた。

 高校の山川出版社の歴史教科書と,中学校の学び舎の歴史教科書の批判本,とも言えるが,前者がメジャーな教科書であるのに対し,後者は採用している学校がわずかしかないマイナーな教科書である。他の著書にも似たようなものがあるが,「教科書に書いてあることしか学校は教えない」というのも一面的な見方である。育鳳社の教科書を使って学び舎のような内容を教えている教師もまだいるかもしれない。

 『日本国紀』のコラムにある「豆知識」のようなものをさらに深く掘ってみたりとか,できることはまだあるかもしれないが,やはりジャンルとしては歴史というより小説に近いものだと考えた方がよいだろう(小説には「内容」の引用元が示されることはまずない)。***『日本国紀』は「日本図書コード」では「0095(日本文学,評論,随筆,その他)」に分類されていることを教えてもらいました。***

 「借り物の知識」でも,情熱をふりかければ何とかなる,というムードは,昭和的なものが好きな人たちにはたまらないのかもしれない。ただ「恥」を知らない国民が増えることは,協力関係よりも敵対関係をつくる方向性をもちやすいので,注意しなければならない。「さらに強力な防衛力が必要だ」と主張していることをふまえれば,どういう方向に国民を誘導したいのかは明らかである。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

国後島の道路事情



 おまけで古道の話も登場し,それぞれがちょうどいい長さにまとまっているので,だれかと旅行したときにちょっとした蘊蓄を披露したい人には,お薦めの本である。
 
 人にはなかなか見えているのに見ていないものが多い。
  
 なぜ斜面の道路は●●●●●●で舗装されているのか(アスファルトではないのか)?
 
 料金所のあたりも同じように・・・。よく事情がわかった。

 道路のトンネルの数が,全国1位はどこでしょう?

ア 大分県  イ 北海道  ウ 千葉県  エ 高知県

 正解は?

 正解を書く前に,私がこの秋に体験した国後島の道路事情をご紹介します。

 国後島の中心部は,「古釜布(フルカマップ)」というところです。帝国書院の地図帳にはきちんと地名が表示されています。

 この中心部でも,少し前は舗装されている道路の範囲が迫ったようですが,今は人がよく移動する範囲はすべて舗装が終わっています。

 この道路,日本にもある「仕掛け」が,ちょっと「仕掛けすぎ」という特徴があります。

 スピードを落とさせたい場所に,段差(突起)をつける細工がされているところがありますよね。

 速いスピードで通過しようとすると,車がガタガタいって壊れそうになるので,皆さん徐行します。

 この段差(突起)が,古釜布の場合,とても高いのです。極端に言うと,鉄道のレールの上を越えるイメージです。もちろん,踏切内のように,道路の高さがレールの一番上と合っているのではなく。

 ほとんど停車状態になって,ドライバーさんは静かにごっとん,といって段差を越えてくれますが,体重が軽い人は,体が座席から跳ねるくらい。

 だから,スピード違反のしようがありません。車が壊れてしまいます。

 本題,クイズに戻ると,正解はアです。1位~4位が順番に並んでいます。

 大分のトンネル数は571,北海道は479,千葉は453,高知は389。

 大分がダントツですね。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

群衆は「型」にはめると機能しなくなる



 SNSは,今までになかった「正義」の示し方で,世の中を大きく変えようとしている。

 ときには「数の力」を使えるレベルに達するし,多くはないが仲間の「ゆるい連帯」を築くのに役立っている。

 「古い権力者」がなぜおずおずと退場し,その後の発展という「遺産」を残せないのか。

 「古いパワー」の持ち主は,組織として動いている巨大な権力の中にいると,必ず見失うものがある。

 それは「自由の力」である。

 支持者や協力者を何かの枠で固定したり,組織に組み込んでしまったりすると,とたんに「自由の力」は失われてしまう。

 クラウド・リーダーからチア・リーダーへの「転落」が,オバマ大統領の残念なところだった,という話は,日本人でもなるほどと思う。

 崩壊寸前のヴァチカンを変えようとしているローマ教皇フランシスコ(アルゼンチン出身)は,

 「新しいパワー」そのものだった。

 強烈なシグナルを発し,人々の自主性を促すような仕組みを考え,広く長く受け継がれるべきもの=規範を示す。

 新しいリーダー像は,実は学校できちんと育成できる。

 「自由の力」を発揮できる場面を意図的に多く作り出すことである。

 そして手に入れた自分のパワーを使って,他の生徒たちにそのパワーを差し出していく。

 そういう新しいリーダシップを育成することに,希望を感じていたい。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 
最新コメント
アクセスカウンター

    受験ブログ
    livedoor 天気