教育失敗学から教育創造学へ   (読書編) ~子どもの教育に情熱をかける人々のために~ 

小学校と高等学校に子どもを通わせている親です。 このブログでは,読書から得られた発見や視点を中心に,子どもの教育について考えていることを書き綴っていきたいと思います。

仕事量を上げるための絶対法則~スピードシンキング



 私の教師生活をふり返り,20代から今まで,それぞれの時期に全力を傾けてきたことを挙げてみる。

 20代は部活動の指導。
 
 30代前半は学年主任としての仕事。

 30代後半は実践研究の発表と教育委員会での指導主事のとしての仕事。

 40代は教科の実践研究。

 もう始まっている50代は,何に全力を傾けるべきだろう。

 「たくさん書くこと」が得意な鷲田小弥太さんの仕事量を上げるための絶対法則とは。

>二〇代,芽が出なくとも,どんな種類の仕事であれ,がんがんぶつかっていく。思考力をつけ,思考のスピードを上げる。

>三〇代,全身でこれぞと思う仕事にぶつかっていく。

>四〇代,三〇代の成果にさらに磨きをかけ,いちだんと飛躍する。

>五〇代,大収穫期を迎える。がんがん仕事をする。仕事量を落とそうなどと思わない。
 どうなるか。仕事にスピードがつく。思考にスピードがつく。同じ時間で仕事をするなら,二~三倍の仕事ができる。頭の回転も速くなる。当然,同じ仕事をするなら,時間が余る。倍の仕事をしても,従来どおりの時間が余る。

 鷲田さんは,「量」というものにとても重要な価値を置いておられるようである。

 多くの人の場合,三〇代くらいから,「組織のための仕事」が増えてくる。

 だから,「これぞと思う仕事」に向き合える人は,うらやましい気がする。

 組織ぐるみで違法行為を「行わされていた」文部科学省の人事課の人々には,「これぞ」と言える仕事などあったのだろうか。

 私の場合,「これぞ」と思える学習指導や生活指導ができるようになったのが,三〇代だった。

 仕事量は,三〇代がピークだったように思える。

 量より質が大切,というのは逃げの姿勢の表れなのだろうか。

 「思考のスピード」という概念に,違和感をもつ人もいるだろう。

 「じっくり考えることの大切さ」もあるのではないかと。

 しかし,「じっくり考える」ことにもスピードがついてくる五〇代を生きていきたい。

 今,じっくり考えてみたいのは,公開された新学習指導要領案である。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

なぜ同じような汚い言葉を使っても,笑われる人と嫌われる人がいるのか~GRIT



 好かれる人はどんな言葉を使っても,嫌われることがないのに,

 同じ言葉を使って,以前に増して嫌われてしまうような人がいる。

 その違いはどこにあるのか。

 新聞や雑誌,SNSなどによる文字情報だけでは伝わらないものがある。

>実際,私たちの心のなかには,「固定思考」の悲観主義者と「成長思考」の楽観主義者がいる。このことを認識するのは非常に重要だ。なぜなら,いくら肯定的な言葉を遣うように心がけても,身ぶり手ぶりや,表情や態度が否定的では意味がないからだ。

 では,どうすればよいのだろうか? 着実な一歩を踏み出すには,まず自分の「言葉」と「行動」が裏腹になっていないかに注意することだ。そうなってしまった場合は(必ずそういう場合もある),固定的で悲観的な世界観から抜け出すのはなかなか難しい,という事実を認識すればよい。


 国会に参考人として呼ばれていた文科省の現役の官僚や元官僚が,答弁中や席に座っているときに,「こいつ,本当に反省しているのか?」といぶかられる表情を示すときがあった。

 とぼけた顔で,とぼけた内容を話すのはなるほどと思う面があるが,国民の怒りをますます助長させるような表情をしてしまうのは,「顔で語ってこなかった長い習慣」のせいだと思われる。

 日本人には,表情や態度で語ることが苦手な人が多い。

 むしろ,得意な人でも「胡散臭い」と見なされる傾向もあるだろう。

 小学生ですら,「この人,まもとに道徳のことを語る気はないな」と教師の姿を見抜けてしまうし,中学生なら,「人のこと言っている場合か?お前がやれよ」と堂々と思うってしまうはずである。

 次の言葉を最初に言ったのは,著者の示す通りの人物(小説家で公民権運動家のジェイムズ・ボールドウィン)だろうか。

>子どもはおとなの言うことを聞くのは得意じゃないが,まねするのは抜群にうまい

 道徳の授業をする教師がいつも自分に言い聞かせておきたい言葉である。
 
 にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

「生きた言葉」の虚妄性~ポスト・モダンの左旋回





 佐藤優氏によるブックレビューから,読んでみたいと思った1冊が「ポスト・モダンの左旋回」です。

 自分にとって印象的な経験だけ抜き出して言語化したもののうち,たまたま他人を共感させたものが「生きた言葉」として響くことはあるだろうが,それを一般化してみたところで何の意味もない

 という趣旨の主張があるようですが,言いたいことは「対話」による真理の探究が重要だということでしょうか。
 
 「信じるか」「疑うか」ではなく,異なる主張でも

 「実証する」「検証する」作業をお互いに繰り返すことで,

 よりよい社会を目指していくしかない,という意味なのでしょうか。

 13年前に出版された本の増補版のようです。これから読みます。

 にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ
最新コメント
アクセスカウンター

    受験ブログ
    livedoor 天気