教育失敗学から教育創造学へ   (読書編) ~子どもの教育に情熱をかける人々のために~ 

小学生と大学生の親です。 このブログでは,読書から得られた発見や視点を中心に,子どもの教育について考えていることを書き綴っていきたいと思います。

成長できる人とできない人の違い~1Q84

1Q84 BOOK 3
村上 春樹
新潮社
2010-04-16


 スポーツ選手の場合は,さすがのイチローにも,体力の限界が訪れる日が来るだろう。

 小説家のような仕事の場合はどうだろうか。

 有名な作家の新作に対する評価を読むと,ファンの喜びやがっかり感がよく伝わってくる。
 
 1q84の場合,私なりの感想を述べれば,このBOOK3については
 
 B0OK3とかBO0K3が生まれていてもおかしくないと思われる。

 ストーリーの流れが全く異なる物語が可能であるのが,1Q84らしいところである。

 よい小説は,読者の豊かな想像力を刺激する。

 よい音楽や料理,絵画や建築などと同じである。

 よい教育にも,豊かな想像力が必要である。

 そして,豊かな想像力を育んであげることが重要である。

 人の成長を促しながら,自分自身も成長できる人間でありたいと,強く願う。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

道徳の教科書の「危険な内容」とは?

私たちの道徳 小学校5・6年
文部科学省
廣済堂あかつき
2014-06-27


 道徳の教科書の採択が進められている。
 
 ある教科書会社の小4の教科書には,授業中の発言でからかわれた子どもの事例が掲載されているそうだ(3月25日の日本経済新聞の記事より)。
 
 『いじめ』の事例を教科書に掲載し,それをもとに考えさせるような授業を行うときに,怖いことは何か。

 「私たちのクラスでは,もう,すでに,実行されてしまった『いじめ』の話でしたね」と子どもに思われることである。

 教師は実際のその場にいたのに,そのときは指導はなされなかった。

 先生は,道徳の教科書に出ている内容を,計画に従って,こなしているだけなのだ。

 なぜ「本番」でこの『いじめ』の内容を考えさせてくれなかったのだろうか?

 どうして教科書の中の子どもはいたわりの対象になるのに,私はならなかったのか?

 教科書に『いじめ』の事例を載せた人たちは,この話が『いじめ』の抑止力になると考えたのだろうか。

 なぜどこにでも転がっている題材を,わざわざ教科書の本文で扱うという「遠回り」をするのだろう?

 計画に従って,教科書どおりに道徳の授業を進めていくと,どんな子どもができあがるのかはまだわからない。壮大な実験がやがて始まろうとしている。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

「入試が変われば教育が変わる」は単なる幻想か~週刊東洋経済



 苅谷剛彦教授によれば,「大学を出ても英語は話せないばかりか,読めるようになっていない」とのことである。大学では,英語を英語のまま理解できるように,たくさん英語を読ませることが必要だ,と主張している。
  
 英語を読む機会がほとんどない人たちにとっては,「どうせ読む必要がないんだから・・・」という感想しかないかもしれないが,英語教育の世界では永遠の課題になっている。

 どうすれば英語を話せるようになるのか。

 どうしたら英語を読めるようになるか。

 どうしたら英語が聞き取れるようになるのか。

 「英語が聞き取れる」「英語が話せる」とはどういうことかを,苅谷教授はこう説明している。

発話の順に日本語に訳さずにそのまま理解できなければ,聞き取ったことにはならない

自分の意見を伝える(話す)ためには,訳すのではなく最初から英語で考えなければならない。この力を支えるのは,発音の巧拙よりも,私たちが日本語でやっているように,英語なら英語のまま理解し英語のまま反応する頭の働きだ。

 では,英語の意味を日本語で説明したり,日本語になっているものを英語になおしたりする教育を超えて,英語で英語を考えるような授業ができるようになるには,どうしたらよいのだろうか。

 朝鮮が日本の植民地になった後の朝鮮の小学校の時間割を見たら驚く。日本語の授業が週に10時間以上ある。当時は,どのような授業が行われていたのだろうか。

 週に3~4時間の英語の学習を,1日1時間ずつしているのでは,いつまでたっても身に付かない,という主張はかなり正しいのではないだろうか。

 現状では,ある程度の言語能力があり,根気があり,家庭学習ができる子どもだけ,英語の塾や教室に通う子どもだけがいい成績をとれるような教科が英語なのだろう。

 入試が変われば「学校の教育が変わる」というのはただの幻想に過ぎないのではないか。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 
最新コメント
アクセスカウンター

    受験ブログ
    livedoor 天気