教育失敗学から教育創造学へ   (読書編) ~子どもの教育に情熱をかける人々のために~ 

小学生と大学生の親です。 このブログでは,読書から得られた発見や視点を中心に,子どもの教育について考えていることを書き綴っていきたいと思います。

政治の授業が日本で成立しにくい理由~未来は始められるか?



 サンデル教授本の影響からかどうかは知らないが,日本では大学の先生が(なぜか大学生にやっている普通の授業ではなく)高校生を相手に授業をして,そこでの話を本にまとめるパターンのものがいくつも出版されるようになりました。
 
 高校はかなり偏差値の高い学校に限られ,生徒はなかなかの反応を示していますが,サンデル教授の授業と異なっているのは,生徒の発言が少なく,単発で,ほとんど講師の先生がしゃべっているということです。だから安心して本を読めるという人が多く,そもそも本にして売れるようになるのでしょうが,教育の世界では,とにかくこういう環境から脱却することが求められています。そして,その方向性は「正しい」と信じて疑わない人が多いようです。

 どうしてそこまで思考停止が広がるのかと言えば,「実態」を知るデータが巧妙に隠され,公にはなっているものの,だれもそのデータに注意を向けないことが原因の一つです。データに注意を向けられたくない「出す側」は,「出す時期」にも神経を配りました。

 サンデル教授の特別授業では,参加者の宗教,出身国,活躍している国などが,とてもバラエティーに富んでいます。一方,日本の特別授業は,同じような学力を持ち,同じような大学への進学を目指している同年齢の子どもたちです。日本で政治の授業が成り立ちにくい原因がよくわかります。

 この違いを見ているだけで,日本では「世の中で求められている力」をつけさせようと国が努力しているように見せかけながら,実際には全く効果が出てこない(これが本当の狙い)ままでいる現状がわかります。批判がくれば,攻撃しやすいのは「身内」です。いずれ,教員の能力不足や教員養成の不備に責任を押しつけてくるようになるでしょう。特に,国立大学に出す金を毎年絞り続けていますから,目障りな附属学校はいつでも潰せる状態になっています(ただ残念ながら,まだ今のところは附属学校のブランド力による国民の側からの需要があるのと,附属学校では実績が出せることを全国に示そうと思えば示せるので,存続してしまっています)。
 
 ただ,「身内」を攻撃することで,批判の目が自分に向かないようにする,というやり方を乱用しすぎているため,いずれ自滅するでしょう。「政治」とは,とても怖いものなのです。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

なぜ中国人は行列に割り込むのか~スッキリ中国論



 かつてアメリカでは,いつの間にかテレビ,ビデオ,ゲーム機,ゲームソフト,アニメなどが「日本製」になってしまっていた,という時代があった。今は,世界の工場,中国の出番となっている。

 日本人をその中国人嫌いに導いているのは,日本と中国が手を結ぶと不利になる国で,知的で戦略的な手を打ってきていると考えることができる。

 太平洋に進出し,アメリカとオーストラリアの分断を狙ってきている中国側にとって,日本はもちろん「敵」であるが,アメリカにとってそうであるのと同じように,中国にとっても日本は「盾」のような位置にあるから,利用しない手はない。国際社会の動きはとても複雑である。

 さて,中国人が行列に割り込む理由を聞いたら,「何と合理的・積極的な行動か」と驚くかもしれない。
 
 自分は急いでいる。列で並んでいる日本人は,どうやら時間に余裕があるようだ。自分一人がそこに入っても,順番が1つ後ろになる程度のことであり,問題はないだろう・・・。

 日本人は絶対にやらない思考法だが,世の中の動きに敏感な人は気がついたと思う。

 「こういう生き方の人間が,生き残れるのだ」と。

 「スジ」が通らないことは認めず,「そうであるべき」を重視する日本。
 
 「あるか,ないか」という現実を見て,あるならその「」を判断基準とする中国。

 動きの良さは,断然中国である。
 
 「変わること」をリスクと考える日本と,「変わらないこと」をリスクと考える中国。

 どちらが正解,というわけではない。しかし,中国が伸びていること,日本の成長が止まりつつある現実を「基準」に考えてみれば,「正しい方」はいずれ「だれもが正しいと思う方」になっていくかもしれない。

 列に割り込んだ中国人と喧嘩にならないための話し方。

>(さっと無言で割り込み)

>あっ,すみません。私も急いでいますので・・・。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

前座としての修行~落語と現代社会



 昔は教師の中に,落語に通って「話術」を磨いた,と語っている人がいたものだが,最近はどうだろうか。「話術を磨く」という範疇であるうちは,おそらく「落語」という世界には入っていない人だったと思われる。
 
 「まくら」で観客の反応をたしかめながら,ネタを決める,という落語家の度胸というか引き出しの多さを体得するまで,教師なら何年くらいかかるだろうか。

 教師の中には,高校や大学では特に,とにかく最初から最後まで,自分が言いたいことを言って終わり,というスタイルの人がいる。その真逆で,ほとんど言いたいことがないために,相手の言葉をオウム返しするしかできない壊れたボイスレコーダーみたいな人もいる。「対話」ができない子どもが増えているのは,そもそも「対話」のない関係を教師と長時間共有し続けたツケなのだろう。
  
 前座の役割とは何か。この弱肉強食の世界で,「自分を殺す」ことの意義に気がつくことのできる環境で生きられる人は少ない。

 本当に理不尽な改革を押しつけてくる,生産能力ゼロの管理者たちをどう消滅させるかが,働き方改革の基本である。

 日本の行政の根本問題は,本物の「前座」らしい仕事をせずに管理職になってしまうことにあることがわかった。

 古典芸能「落語」の奥は深い。何より,弱い立場の人,困り者を「許す」ゆとりを与えてくれる芸は,社会の無駄を大幅に減らしてくれる効果があると思われる。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ
最新コメント
アクセスカウンター

    受験ブログ
    livedoor 天気
    「livedoor 天気」は提供を終了しました。