どんなに長い期間,英語の学習をしても,英語が話せるようにならない日本人。

 どこか「普遍的真理」みたいに語られるようになってしまったこのフレーズですが,直接的にこの問題に対処しようとしているのが,日本の英語教育です。

 しかし,それで問題が解決するとは思えません。

 私自身の経験からしても,英語の勉強と言えば,学校でするものではなく,家庭でするもの・・・私の通っていた中学校では,「耳」と「口」を鍛える英語が伝統的に行われています・・・でした。

 私と同じ勉強法が間違っていなかったことを示してくれている本に出会いました。

 帯に

>上達への近道はライティングだった!

 とあるのがわかったので読んでみた次第です。

  私が最も共感したい部分は,「手」を動かす学習だからこそ,実力がつく,と説明されている部分です。

 「話す」ことよりも,「聴いて書く」「考えて書く」時間を増やす方が,日本的な一斉授業の教育スタイルでも効果的だと考えるのは私だけでしょうか。

 たった一つの変化が,最初の「普遍的真理」が誤りであることを証明してくれるかもしれません。

 にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ