私に初めて「荒野」を見せてくれたのは,夏目漱石の『それから』だった。
  
 読後,私は在学中の大学を辞める覚悟ができた。今の人生の「始まり」だったと言っていい。
 
 しかし,その後,本当の意味での「困難な読書」ができているだろうか。

 文学の世界では,私は村上春樹とは相性が良くない。

 著者が村上春樹に「嫌われた理由」に当たる話があって面白かった。

 編集者としての「礼儀」上,というか「商売」上の制約か,作家に対する敬意もしっかりと表されている。ただ,人間としてどう思っているかというのは,文章から伝わってきてしまうのも面白い。
 
 読書で何かが解決できた気分になるより,とにかく現実世界での問題で処理すべきことが多すぎる。
 
 そうやって現実に囚われすぎてしまうから,問題解決が遠のいているのだろうか。

 徹底的な自己否定ができる「強い自己」をもてないでいるのは,くだらない本ばかり読んでいるからだろうか。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ