「専門家」=「真実を語る人とは言い切れない」という「印象」が強くなっている今の時代,「ウソばっかり」という指摘を受けると,「本当に正しいことは何なのか」と考え込んでしまう。

 「結婚相手を選ぶなら,声のいい人」・・・その根拠は?

 私は家内に「声で選んだ」という必ずしも嬉しいとも言えないことを告白されている身であるが,教師という職業を選んだ意味があった一件である。
 
 AならばBであり,BならばCである。そしてCならばDだから,AならばDである・・・こういう「話法」は意外とたくさんある。

 歴史を学習すると,Bになった理由はAだけではなく,XやQ,λなども考えられる,ということを知る。だから簡単には騙されない人間が育つはずなのだが・・・。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ