サンデル教授本の影響からかどうかは知らないが,日本では大学の先生が(なぜか大学生にやっている普通の授業ではなく)高校生を相手に授業をして,そこでの話を本にまとめるパターンのものがいくつも出版されるようになりました。
 
 高校はかなり偏差値の高い学校に限られ,生徒はなかなかの反応を示していますが,サンデル教授の授業と異なっているのは,生徒の発言が少なく,単発で,ほとんど講師の先生がしゃべっているということです。だから安心して本を読めるという人が多く,そもそも本にして売れるようになるのでしょうが,教育の世界では,とにかくこういう環境から脱却することが求められています。そして,その方向性は「正しい」と信じて疑わない人が多いようです。

 どうしてそこまで思考停止が広がるのかと言えば,「実態」を知るデータが巧妙に隠され,公にはなっているものの,だれもそのデータに注意を向けないことが原因の一つです。データに注意を向けられたくない「出す側」は,「出す時期」にも神経を配りました。

 サンデル教授の特別授業では,参加者の宗教,出身国,活躍している国などが,とてもバラエティーに富んでいます。一方,日本の特別授業は,同じような学力を持ち,同じような大学への進学を目指している同年齢の子どもたちです。日本で政治の授業が成り立ちにくい原因がよくわかります。

 この違いを見ているだけで,日本では「世の中で求められている力」をつけさせようと国が努力しているように見せかけながら,実際には全く効果が出てこない(これが本当の狙い)ままでいる現状がわかります。批判がくれば,攻撃しやすいのは「身内」です。いずれ,教員の能力不足や教員養成の不備に責任を押しつけてくるようになるでしょう。特に,国立大学に出す金を毎年絞り続けていますから,目障りな附属学校はいつでも潰せる状態になっています(ただ残念ながら,まだ今のところは附属学校のブランド力による国民の側からの需要があるのと,附属学校では実績が出せることを全国に示そうと思えば示せるので,存続してしまっています)。
 
 ただ,「身内」を攻撃することで,批判の目が自分に向かないようにする,というやり方を乱用しすぎているため,いずれ自滅するでしょう。「政治」とは,とても怖いものなのです。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ