教育失敗学から教育創造学へ   (読書編) ~子どもの教育に情熱をかける人々のために~ 

小学生と大学生の親です。 このブログでは,読書から得られた発見や視点を中心に,子どもの教育について考えていることを書き綴っていきたいと思います。

教育問題

『日本国紀』が売れる理由

日本国紀
百田 尚樹
幻冬舎
2018-11-12

国民の歴史
西尾 幹二
産経新聞ニュースサービス
1999-10


 『日本国紀』を,17円+送料で売られている『国民の歴史』と読み比べてみることをお薦めしたい。読み応えは全然異なるが,似た「願い」が背景にはある。

 「新しい歴史教科書をつくる会」の流れをくむ教科書は2つあるが,「自虐史観」を問題視していることは百田氏と同じで,「同じくくり」に入るものと考えられる。

 それにしても,『日本国紀』には,Amazonの600以上あるレビューのうち8割が星5つで,しかもそれらのレビューの中には「参考になった」という応援が4000以上ついているものもあり,一種のブームになっている。しかし,星1つのレビューを読むとわかるように,参考文献が書かれていないとか,百田氏も認めているようにウィキペディアを参考にして書かれている部分があるとか,5刷で書き換えられているところがあることを,1刷や2刷を買って読んでいる人には伝わらないとか,様々な問題点を抱えているようである。下で紹介する「副読本」では,最終校正の段階になっても書き加えたことがあるなど,実は「完成版」ではないことは明らかである。近いうちに「増補訂正版」が出るのではないか。
 
 『日本国紀』は,著者の意図とは別に,今の日本の実態がそのまま反映されているという見方ができると思われる。もちろん,たとえば40万部発行されて(1月3日の日本経済新聞・朝刊の全面広告では,55万部,とありました),すべて購入され,4分の1の人が全部読めたとして,10万人。これから読者も増えていくかもしれないが,受験生にはお薦めできない。際どい内容はそもそも入試問題では出題されないが,そもそも著者が批判している相手がつくる問題だから,相性がよくないのも当然である。

 

 実は私はこちらの本の方を期待していたのだが,編集者との執筆事情などのやりとりや20年前に聞いたことがあるような内容が多く,「副読本」「学校が教えない日本史」というタイトルからは,かなり逸脱しすぎていた。

 高校の山川出版社の歴史教科書と,中学校の学び舎の歴史教科書の批判本,とも言えるが,前者がメジャーな教科書であるのに対し,後者は採用している学校がわずかしかないマイナーな教科書である。他の著書にも似たようなものがあるが,「教科書に書いてあることしか学校は教えない」というのも一面的な見方である。育鳳社の教科書を使って学び舎のような内容を教えている教師もまだいるかもしれない。

 『日本国紀』のコラムにある「豆知識」のようなものをさらに深く掘ってみたりとか,できることはまだあるかもしれないが,やはりジャンルとしては歴史というより小説に近いものだと考えた方がよいだろう(小説には「内容」の引用元が示されることはまずない)。***『日本国紀』は「日本図書コード」では「0095(日本文学,評論,随筆,その他)」に分類されていることを教えてもらいました。***

 「借り物の知識」でも,情熱をふりかければ何とかなる,というムードは,昭和的なものが好きな人たちにはたまらないのかもしれない。ただ「恥」を知らない国民が増えることは,協力関係よりも敵対関係をつくる方向性をもちやすいので,注意しなければならない。「さらに強力な防衛力が必要だ」と主張していることをふまえれば,どういう方向に国民を誘導したいのかは明らかである。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

未来をネタに現状をこきおろす人たちに



 まずは出版社の方に,比較的廉価に抑えてもらったことへの感謝をお伝えしたい。
 
 内容については,新井教授が学会をこき下ろすくだりがまず印象に残った。発言者がだれかは示されていないが,参加者の質問から,学会全体の評価を下すあたりから,どういう人物なのか評価できた。「自分の仕事はここまでです。あとはだれかの仕事です」という人間が多い,と嘆いている自分が嘆くべき人間の一人であるという自覚が感じられない。また,男性はこう,女性はこうだ,とステレオタイプで語る癖があるようだ。

男性の研究者から見ると理解不能だろうと思う。

 女性には,「すべての女性は私と同じ考え方をもっている」と思い込む癖があるのだろうか。実際はそんなことはないだろう。もし,本当にそうであれば,従業員や管理職に占める女性比率が低いことは,合理的な選択の結果になるかもしれない。

 新井教授のような女性が活躍する社会を期待することは正しい。ただし,男女にかかわらず,「活躍する」ことが大切である。「ただいるだけでも意味がある」のは「政治的な正しさ」の話で,組織が崩壊する原因になる可能性もある。

 ぐっちーさん(山口正洋さん)の共通点は,地方をよくご存じだということだろう。

 ぐっちーさんは

正直,普通に大都市のサラリーマンを卒業した50代以上の方で,「使える」方は,ほとんどいません。新幹線の切符すら自分で買えないというレベルの人がごまんといるわけです。

 と私の知らない,おそらくは「地方」の現状を嘆いていらっしゃるようだが,だからこそ「自分が役に立つ」環境が地方にはある,ということなのだろうか。

 「教科書すら読めない(文章読解力がない)人間がたんさんいる」「自分が開発したロボット以下の学力の人間がたくさんいる」という事実を世に広めている新井教授と気が合いそうな人物である。

 日本のリアルは悲惨である。その悲惨なリアルを隠そうとする人間が多い。ダメなやつらばかりだ。

 一度,アメリカのリアルとの比較を論じてみていただきたい。
 
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

文科省をこきおろしている大学のセンセイへ

面従腹背
前川 喜平
毎日新聞出版
2018-06-27


 ビートたけしのように「生き生き」している70代もいれば,私のように「死にかけている」50代もいる。「『さみしさ』の研究」(小学館新書)の中で,たけしは「人は年をとればいろいろと不自由になっていくものだ」という趣旨のことを繰り返し述べている。弱みは弱みとして自覚した上で,かけがえのない強みで生きていく。それは行政マンとしても,教員としても,同じことである。

 『面従腹背』の中で,道徳教育の教科化とその経緯について,前川氏はわかりやすくまとめてくれているが,文科省がその強みを生かして「守りきったもの」に関する記述もある。

 小学校では今年度から始まっている,中学校では来年度から始まる「検定教科書付き道徳」には,実は「最後の防波堤」が効いている。このことに気づいたのは,恥ずかしながら『面従腹背』のおかげだった。

 普通に考えて実現は不可能である「主体的・対話的で深い学び」という新学習指導要領の趣旨には,国による教育支配に対する「最後の防波堤」という役割を期待することができる。

 文科省をこきおろしているある大学のセンセイにも教えてあげたい。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

モンスターボランティアをつくった戦後の道徳教育

「さみしさ」の研究 (小学館新書)
ビートたけし
小学館
2018-11-30


 「スーパーボランティア」尾畠春夫さんに触発されてか,全国で「にわかボランティア」が増えているらしい。助けるよりも,むしろ迷惑をかけてしまう「モンスターボランティア」もいるらしい。
 
 「善意を受け付けない人間はいない」という誤った人間観は,道徳の授業でも扱われる浅い「思いやり」学習がもとになっている。

 「ボランティア=素晴しい」「思いやりの心=道徳的だ」などという一面的な解釈が当たり前になってしまった責任の一端は学校教育にもある。

 「ありがた迷惑」を通り越して,ただひたすら「迷惑」になるようなわがままな「善意の行動」は,自分が「善人であることを確かめる」「善人であろうとする」ことが大きな目標であって,困っている相手は,目標を実現するための「道具」でしかない。

>自己客観視できない老人ほど見苦しいものはない

 本来,「生き方を学ぶ」教育では,こういう価値観を育ててあげるべきである。 

>ふと思いつきでボランティアに手を出して,「自分も何かやって褒められたい」「人助けをしていい気持ちになりたい」と考えているようなヤツとは覚悟も気構えも違う。なかでも一番違うのが,自分が役に立つのか立たないのか,冷静に判断できる力なんだよな。

 教育現場の場合は,自分の無力さに気づかせるために,むしろ相手に迷惑がかかることはわかっていただいて,「ボランティア」を強制する(カリキュラムの中に,「ボランティア」活動を入れて無理やりやらせてしまう)という方法はあると思われる。それは「奉仕の精神」を育てるためではなく,「自分を知る」ための活動である。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

政治の授業が日本で成立しにくい理由~未来は始められるか?



 サンデル教授本の影響からかどうかは知らないが,日本では大学の先生が(なぜか大学生にやっている普通の授業ではなく)高校生を相手に授業をして,そこでの話を本にまとめるパターンのものがいくつも出版されるようになりました。
 
 高校はかなり偏差値の高い学校に限られ,生徒はなかなかの反応を示していますが,サンデル教授の授業と異なっているのは,生徒の発言が少なく,単発で,ほとんど講師の先生がしゃべっているということです。だから安心して本を読めるという人が多く,そもそも本にして売れるようになるのでしょうが,教育の世界では,とにかくこういう環境から脱却することが求められています。そして,その方向性は「正しい」と信じて疑わない人が多いようです。

 どうしてそこまで思考停止が広がるのかと言えば,「実態」を知るデータが巧妙に隠され,公にはなっているものの,だれもそのデータに注意を向けないことが原因の一つです。データに注意を向けられたくない「出す側」は,「出す時期」にも神経を配りました。

 サンデル教授の特別授業では,参加者の宗教,出身国,活躍している国などが,とてもバラエティーに富んでいます。一方,日本の特別授業は,同じような学力を持ち,同じような大学への進学を目指している同年齢の子どもたちです。日本で政治の授業が成り立ちにくい原因がよくわかります。

 この違いを見ているだけで,日本では「世の中で求められている力」をつけさせようと国が努力しているように見せかけながら,実際には全く効果が出てこない(これが本当の狙い)ままでいる現状がわかります。批判がくれば,攻撃しやすいのは「身内」です。いずれ,教員の能力不足や教員養成の不備に責任を押しつけてくるようになるでしょう。特に,国立大学に出す金を毎年絞り続けていますから,目障りな附属学校はいつでも潰せる状態になっています(ただ残念ながら,まだ今のところは附属学校のブランド力による国民の側からの需要があるのと,附属学校では実績が出せることを全国に示そうと思えば示せるので,存続してしまっています)。
 
 ただ,「身内」を攻撃することで,批判の目が自分に向かないようにする,というやり方を乱用しすぎているため,いずれ自滅するでしょう。「政治」とは,とても怖いものなのです。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ
最新コメント
アクセスカウンター

    受験ブログ
    livedoor 天気
    「livedoor 天気」は提供を終了しました。