教育失敗学から教育創造学へ   (読書編) ~子どもの教育に情熱をかける人々のために~ 

小学生と大学生の親です。 このブログでは,読書から得られた発見や視点を中心に,子どもの教育について考えていることを書き綴っていきたいと思います。

生き方

未来をネタに現状をこきおろす人たちに



 まずは出版社の方に,比較的廉価に抑えてもらったことへの感謝をお伝えしたい。
 
 内容については,新井教授が学会をこき下ろすくだりがまず印象に残った。発言者がだれかは示されていないが,参加者の質問から,学会全体の評価を下すあたりから,どういう人物なのか評価できた。「自分の仕事はここまでです。あとはだれかの仕事です」という人間が多い,と嘆いている自分が嘆くべき人間の一人であるという自覚が感じられない。また,男性はこう,女性はこうだ,とステレオタイプで語る癖があるようだ。

男性の研究者から見ると理解不能だろうと思う。

 女性には,「すべての女性は私と同じ考え方をもっている」と思い込む癖があるのだろうか。実際はそんなことはないだろう。もし,本当にそうであれば,従業員や管理職に占める女性比率が低いことは,合理的な選択の結果になるかもしれない。

 新井教授のような女性が活躍する社会を期待することは正しい。ただし,男女にかかわらず,「活躍する」ことが大切である。「ただいるだけでも意味がある」のは「政治的な正しさ」の話で,組織が崩壊する原因になる可能性もある。

 ぐっちーさん(山口正洋さん)の共通点は,地方をよくご存じだということだろう。

 ぐっちーさんは

正直,普通に大都市のサラリーマンを卒業した50代以上の方で,「使える」方は,ほとんどいません。新幹線の切符すら自分で買えないというレベルの人がごまんといるわけです。

 と私の知らない,おそらくは「地方」の現状を嘆いていらっしゃるようだが,だからこそ「自分が役に立つ」環境が地方にはある,ということなのだろうか。

 「教科書すら読めない(文章読解力がない)人間がたんさんいる」「自分が開発したロボット以下の学力の人間がたくさんいる」という事実を世に広めている新井教授と気が合いそうな人物である。

 日本のリアルは悲惨である。その悲惨なリアルを隠そうとする人間が多い。ダメなやつらばかりだ。

 一度,アメリカのリアルとの比較を論じてみていただきたい。
 
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

モンスターボランティアをつくった戦後の道徳教育

「さみしさ」の研究 (小学館新書)
ビートたけし
小学館
2018-11-30


 「スーパーボランティア」尾畠春夫さんに触発されてか,全国で「にわかボランティア」が増えているらしい。助けるよりも,むしろ迷惑をかけてしまう「モンスターボランティア」もいるらしい。
 
 「善意を受け付けない人間はいない」という誤った人間観は,道徳の授業でも扱われる浅い「思いやり」学習がもとになっている。

 「ボランティア=素晴しい」「思いやりの心=道徳的だ」などという一面的な解釈が当たり前になってしまった責任の一端は学校教育にもある。

 「ありがた迷惑」を通り越して,ただひたすら「迷惑」になるようなわがままな「善意の行動」は,自分が「善人であることを確かめる」「善人であろうとする」ことが大きな目標であって,困っている相手は,目標を実現するための「道具」でしかない。

>自己客観視できない老人ほど見苦しいものはない

 本来,「生き方を学ぶ」教育では,こういう価値観を育ててあげるべきである。 

>ふと思いつきでボランティアに手を出して,「自分も何かやって褒められたい」「人助けをしていい気持ちになりたい」と考えているようなヤツとは覚悟も気構えも違う。なかでも一番違うのが,自分が役に立つのか立たないのか,冷静に判断できる力なんだよな。

 教育現場の場合は,自分の無力さに気づかせるために,むしろ相手に迷惑がかかることはわかっていただいて,「ボランティア」を強制する(カリキュラムの中に,「ボランティア」活動を入れて無理やりやらせてしまう)という方法はあると思われる。それは「奉仕の精神」を育てるためではなく,「自分を知る」ための活動である。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

なぜ中国人は行列に割り込むのか~スッキリ中国論



 かつてアメリカでは,いつの間にかテレビ,ビデオ,ゲーム機,ゲームソフト,アニメなどが「日本製」になってしまっていた,という時代があった。今は,世界の工場,中国の出番となっている。

 日本人をその中国人嫌いに導いているのは,日本と中国が手を結ぶと不利になる国で,知的で戦略的な手を打ってきていると考えることができる。

 太平洋に進出し,アメリカとオーストラリアの分断を狙ってきている中国側にとって,日本はもちろん「敵」であるが,アメリカにとってそうであるのと同じように,中国にとっても日本は「盾」のような位置にあるから,利用しない手はない。国際社会の動きはとても複雑である。

 さて,中国人が行列に割り込む理由を聞いたら,「何と合理的・積極的な行動か」と驚くかもしれない。
 
 自分は急いでいる。列で並んでいる日本人は,どうやら時間に余裕があるようだ。自分一人がそこに入っても,順番が1つ後ろになる程度のことであり,問題はないだろう・・・。

 日本人は絶対にやらない思考法だが,世の中の動きに敏感な人は気がついたと思う。

 「こういう生き方の人間が,生き残れるのだ」と。

 「スジ」が通らないことは認めず,「そうであるべき」を重視する日本。
 
 「あるか,ないか」という現実を見て,あるならその「」を判断基準とする中国。

 動きの良さは,断然中国である。
 
 「変わること」をリスクと考える日本と,「変わらないこと」をリスクと考える中国。

 どちらが正解,というわけではない。しかし,中国が伸びていること,日本の成長が止まりつつある現実を「基準」に考えてみれば,「正しい方」はいずれ「だれもが正しいと思う方」になっていくかもしれない。

 列に割り込んだ中国人と喧嘩にならないための話し方。

>(さっと無言で割り込み)

>あっ,すみません。私も急いでいますので・・・。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

『バカとつき合うな』は孤独と戦うための本

バカとつき合うな
堀江貴文
徳間書店
2018-10-26


 amazonのカスタマーレビューは今のところ259もある。

 ほとんどが☆5個だが,1個の評価を読むのが楽しいところである。

 論調(口調?)が「真面目に生きる」ことを否定しているように感じるためか,「真面目な反論」が多くて書いている方が気の毒になる。なぜこの2人を本を読んでしまったのか?と。

 私にあてはまってしまう「バカ」は,24個中,15個もあった。

01 バカばっかりの環境に居続けるバカ(堀江貴文)
05 我慢を美徳にしたがるバカ(堀江)
06 未熟なのに勘に頼るバカ(西野)
08 「自分の常識」を平気で振りかざすバカ(西野)
09 機械の代わりを進んでやるバカ(堀江)
11 ひとつの仕事で一生やっていこうとするバカ(堀江)
12 先に設計図を描きすぎるバカ(西野)
14 人生の配分ができないバカ(堀江)
16 無自覚に人の時間を奪うバカ(堀江)
18 マナーを重んじて消耗するバカ(堀江)
19 自分は老害にならないと思っているバカ(西野)
21 一貫性にこだわるバカ(西野)
22 未来に縛られるバカ(堀江)
23 空気を読むバカ(西野)
24 バカを笑って、自分は棚上げのバカ(堀江)

 仕事が中学校教師なので,許してもらえる「バカ」が多いと思われるが,学校にいると,「老害」「マナー」「空気」があるからもってきた世界だった,とつくづく感じる。
  
 学校が本当に社会の役に立っていないことが実証されてしまうまでは,ぎりぎりのところだが,とりあえず現場に居続けてしまうことになるだろう。

 一応,自分にはあてはまらないの思っているのは,以下の9個である。

02 人と同じことをやりたがるバカ(西野亮廣)
03 学校を盲信するバカ(堀江)
04 目的とアプローチがずれているバカ(西野)
07 欲望する力を失っているバカ(堀江)
10 付き合いを強要するバカ(西野)
13 にわかを否定するバカ(西野)
15 新しさばかり追求するバカ(西野)
20 孤独を怖がるバカ(堀江)
17 善意なら何でもありのバカ(西野)


 学校現場には,新しさばかり追求するバカもいる。現場というか,行政はそういうところがある。予算を獲得するため,という大きな任務もあるのだが,予算をとって物を買ってしまってからア,電子黒板のように学校に導入された教育機器がことごとく「置物」「飾り」のような存在になっている現状があっても,議員につっこまれなければ何もしない(でおいてくれる)。教育に詳しい議員がいないことは,現場教師にとっては半分悲しく,半分ありがたい。
  
 少なくとも学校現場にいるときは,孤独ではない。問題は,その後である。

 『バカとつき合うな』を読んでいる人の年齢層は,どうなっているのだろう。案外,50歳代が多いのではないだろうか。
 
 すでに孤独だったり,やがて孤独が訪れることをよく知っている人を,勇気づけることができる内容だから。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

教師が自由になるとどうなるか~バカとつき合うな

バカとつき合うな
堀江貴文
徳間書店
2018-10-26


 行動しない人間は「無」に等しい。

 ということは,学校というところは,「無」を大量生産する場所という意味になる。
  
 教員がもしルールに縛られない,ということになったら,どんな「行動」をし出すだろう。
  
 体罰をしまくるのか,暴言を吐きまくるのか,それとも『学び合い』に逃げ込むのか。

 今も相変わらず,好き勝手できる学校があるようだが,「自由」の本当の怖さを知っているのはどういう人たちだろう。
 
 自由になると,とたんに何もできなくなる人がいる。定年後のおじさんたちを揶揄しているわけではない。真面目に「無」になって採用試験に受かった若者が,「自由」を与えられて「無」であることに気づいたときに,教育関係だと逃げ場は大学しかなくなってしまう。そこで再び「無」に還る。

 一方で,「行動」「行動」と言っている人が,実際には何もできないで苦しんでいたりもする。

 あるいは,「行動」「行動」と口に出していることだけで満足していたりもする。

 何も語らずに黙々と仕事に打ち込む姿に感じるものがなくなった人が求めているものがよくわかる本である。 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ
最新コメント
アクセスカウンター

    受験ブログ
    livedoor 天気
    「livedoor 天気」は提供を終了しました。