教育失敗学から教育創造学へ   (読書編) ~子どもの教育に情熱をかける人々のために~ 

小学生と大学生の親です。 このブログでは,読書から得られた発見や視点を中心に,子どもの教育について考えていることを書き綴っていきたいと思います。

英語学習

当事者意識の不足~史上最悪の英語政策



 私は「話す」「聴く」を重視した英語教育を受けましたが,「話せる」ようにも「聴ける」ようにもなりませんでした。「書く」など到底無理です。入試以外で必要になる場がなかったから,というのが正しい原因でしょうが。ただ,今でも「読む」ことはできます。文法学習がほとんどない学校だったので,参考書を使っての独学でした。

 著者は,大学を卒業したばかりの若い社員たちの英語力が低い原因を的確に指摘しています。

 「4技能」についての課題や,日本人には隠された(日本語に訳されていない)TOIECの「利用価値」に関する指摘も「知らない人たち」の方が圧倒的に多いでしょう。

 日本人の多くは,あまり「英語教育」には興味や関心がないのでしょう。

 教育政策立案者も,「上位の者に関する話」として改革を考えているので,そもそも「英語」に興味や関心のない人たちは「切り捨てられている」のです。

 「当事者意識の不足」という件が腑に落ちました。それは,たまたまそうなっているのではなくて,「はじめから捨てている部分」がある,というのが私なりの見立てです。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

外国語を学ぶと創造的思考力が育まれる



 言葉の切れ味がまだまだ若々しい外山先生。
 
いい加減な早期教育はたいてい失敗するのである。小学校英語のおかげで,一生,「英語ぎらい」という人間がどれくらい生まれるかを考える想像力を,日本の英語,英文学に関わる者だけでなく,知識人のすべてが共有しなくてはならない。

 ただ批判するだけなら,だれでもできる。外山先生が「若い」のは,

やるからには,「失敗でした」では困る。最大の努力によって成功させたい。

 AIに対抗できるNI「自然知能」という概念や「創造性」を高める文法学習の重要性を訴えています。

 関係者の皆さんは,ぜひとも外山先生の言葉に耳を傾けて下さい。

 私は,小学生の我が子の「英語ぎらい」をどのようにして解消しようかと,親として考えています。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

小学校における英語教育の壊滅で目が覚める日~TOEIC亡国論

TOEIC亡国論 (集英社新書)
猪浦 道夫
集英社
2018-03-16


 学校教育で必要なのは,「日常会話ができる英語力」をつけることなのかどうか。

 英語で「日常会話」をする習慣は,ほとんどの小中学生にはない。

 週刊東洋経済のインタビュー記事を読んだ。
 
>小学生に英語は差し迫って必要ではないのに,大人たちがグローバル化の強迫観念で子供に学ばせているだけ。
 

 子どもたちもそれはわかっているから,「英語嫌い」の低年齢化がスタートする。

>いつまで経っても英語ができないのは,文法力・語彙力不足の二つが根本原因

 よく,全く外国語が話せなかった人が,3ヶ月くらい現地に住んでいたら,日常会話には困らないようになった,などという話を聞く。人間にとって,「必要性」がいかに大事かがわかる話である。

 そもそも日本語の語彙力がないと,会話の切り返しができない,という状況は,「授業」をした経験のある教員なら,だれでもわかる話なのだが,「教科書」に頼りきれる英語教師の場合は,あまりこういう実感をもっていないのかもしれない。

 たかが英語教育を誤ったくらいで「国が滅亡する」などとだれも思わないかもしれないが,「滅んだあとの準備をしている」と考えれば,納得できる話である。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

Siri会話~究極の省エネ英語



 私はSiriの言語を英語(アメリカ合衆国)に設定して,英英辞書代わりに使っている。

 「何歳ですか?」と聞くと「同い年です」と返してくるなど,簡単な会話も成立する。
 
 なかなか聞き取ってくれない・・・ということは,発音できていない単語もたくさんある。

 たとえば,「historical」は何度話しかけても2語に分かれてしまう。
 
 Siriとの会話で発音が上達するかどうかはわからないが,取りあえず通じる英語なのかどうかが判別可能である。

 AIの進化は,英会話学校や英語の先生が不要になるインパクがあることはよくわかる。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

頭をよくするための大事な方法~成長したければ,・・・



 副題が控えめな大きさで表紙に示されていますが,グローバル人材になりたいと思っている人にとって,最も大事なことが書かれていると予想できる本です(つまり,ブックレビューしか読んでいません)。

 私は,「より高度なものに挑戦していく力」こそが,成長のために欠かせないものだと思っています。そういう力をつけたいと思う人が,いい影響を受けやすいのは,「自分よりも頭がよく,自分よりはるかに高度なものに挑戦している人」です。
  
 ごくわずかな努力でそれなりのことが成し遂げられると言いふらす人がいますが,こういういい加減なことを吹聴する人ほど,信じられないほど「下積み」が長かったりもしています。「本当は自分がしてきた努力は必要なかったはずなのに,時間を無駄にした」と自分に言い聞かせたいのでしょう。

 著者は,キャリアアドバイスを求められたときに,「入社して3年たったら上司を超えないといけない」という言葉をよくかけていたそうです。そのための3年間の中身の濃さを想像できるでしょうか。

 私の学校には,中学入試のための勉強を6年生から始めた,という生徒が少なからずいますが,3ヶ月で3年分の遅れを取り戻す,くらいの勢いをもって学習し,成果を出せた子どもには将来性を感じます。

 残念ながら,背伸びをさせられすぎて,目の前の授業の勉強についていけない子どももいます。

 子どもよりも周囲の気持ちの方が高ぶっているときは,周囲の方に勉強をすることをお薦めします。




にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ
最新コメント
アクセスカウンター

    受験ブログ
    livedoor 天気
    「livedoor 天気」は提供を終了しました。