教育失敗学から教育創造学へ   (読書編) ~子どもの教育に情熱をかける人々のために~ 

小学生と大学生の親です。 このブログでは,読書から得られた発見や視点を中心に,子どもの教育について考えていることを書き綴っていきたいと思います。

歴史

『日本国紀』が売れる理由

日本国紀
百田 尚樹
幻冬舎
2018-11-12

国民の歴史
西尾 幹二
産経新聞ニュースサービス
1999-10


 『日本国紀』を,17円+送料で売られている『国民の歴史』と読み比べてみることをお薦めしたい。読み応えは全然異なるが,似た「願い」が背景にはある。

 「新しい歴史教科書をつくる会」の流れをくむ教科書は2つあるが,「自虐史観」を問題視していることは百田氏と同じで,「同じくくり」に入るものと考えられる。

 それにしても,『日本国紀』には,Amazonの600以上あるレビューのうち8割が星5つで,しかもそれらのレビューの中には「参考になった」という応援が4000以上ついているものもあり,一種のブームになっている。しかし,星1つのレビューを読むとわかるように,参考文献が書かれていないとか,百田氏も認めているようにウィキペディアを参考にして書かれている部分があるとか,5刷で書き換えられているところがあることを,1刷や2刷を買って読んでいる人には伝わらないとか,様々な問題点を抱えているようである。下で紹介する「副読本」では,最終校正の段階になっても書き加えたことがあるなど,実は「完成版」ではないことは明らかである。近いうちに「増補訂正版」が出るのではないか。
 
 『日本国紀』は,著者の意図とは別に,今の日本の実態がそのまま反映されているという見方ができると思われる。もちろん,たとえば40万部発行されて(1月3日の日本経済新聞・朝刊の全面広告では,55万部,とありました),すべて購入され,4分の1の人が全部読めたとして,10万人。これから読者も増えていくかもしれないが,受験生にはお薦めできない。際どい内容はそもそも入試問題では出題されないが,そもそも著者が批判している相手がつくる問題だから,相性がよくないのも当然である。

 

 実は私はこちらの本の方を期待していたのだが,編集者との執筆事情などのやりとりや20年前に聞いたことがあるような内容が多く,「副読本」「学校が教えない日本史」というタイトルからは,かなり逸脱しすぎていた。

 高校の山川出版社の歴史教科書と,中学校の学び舎の歴史教科書の批判本,とも言えるが,前者がメジャーな教科書であるのに対し,後者は採用している学校がわずかしかないマイナーな教科書である。他の著書にも似たようなものがあるが,「教科書に書いてあることしか学校は教えない」というのも一面的な見方である。育鳳社の教科書を使って学び舎のような内容を教えている教師もまだいるかもしれない。

 『日本国紀』のコラムにある「豆知識」のようなものをさらに深く掘ってみたりとか,できることはまだあるかもしれないが,やはりジャンルとしては歴史というより小説に近いものだと考えた方がよいだろう(小説には「内容」の引用元が示されることはまずない)。***『日本国紀』は「日本図書コード」では「0095(日本文学,評論,随筆,その他)」に分類されていることを教えてもらいました。***

 「借り物の知識」でも,情熱をふりかければ何とかなる,というムードは,昭和的なものが好きな人たちにはたまらないのかもしれない。ただ「恥」を知らない国民が増えることは,協力関係よりも敵対関係をつくる方向性をもちやすいので,注意しなければならない。「さらに強力な防衛力が必要だ」と主張していることをふまえれば,どういう方向に国民を誘導したいのかは明らかである。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

ミカタ・見方・見かた



 対象となるものは同じでも,そこへのアプローチは様々なものがある。
 
 多面的な「見方」を封じてしまうのが,「教科別」の「見方」である。

 学習は「多様性」のためのものではなく,

 「教科」のためのものになり,つまらなくなっていくだろう。

 異なる「見方」には,別々の「考え方」もある。それが多角的な「考え方」。

 本書で言えば,「京都史観」と「関東史観」が異なる「見方」に当たる。

 対象は同じ「日本の歴史」である。

 少々いかがわしい内容を扱うには,「ミカタ」とカタカナ表記をするのは望ましい。

 大坂なおみ選手が使う日本語をカタカナ表記するのはいかがなものかと思うが。

 本書では「竹内まりや説」というのが最も興味を引いたものだが,説得力があるのがすごい。

 また,本郷氏が引いている故・石井進先生の言葉も印象的だった。

 歴史家の仕事には,様々な意義があると思われる。

 「京都史観」にしろ,「関東史観」にしろ,

 「権門体制論」にしろ,「東国国家論」にしろ,

 「自分(たち)の見方・考え方」の世界に閉じこもっていては,

 「世界」は見えてこない。

 こういう対談本がどんどん生まれてくれることを望んでいる。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

肉が人間をつくった



 この本を読もうとしたきっかけは,「世界各地で肉のタブーがある理由」を確認したかったからですが,あちこちつまみ食いしているうちに,「科学の面白さ」を子どもに分かってもらうためにも,小中学校ではこういう内容を授業で先生に話してもらいたい,と願うようになりました。内容によっては高校生くらいにふさわしいものもありますが,「人間とは何か」という問いへの答えを存分に提供してくれています。

 著者はポーランド系カナダ人のサイエンス・ジャーナリストですが,人文社会系でいうと,大昔に読んだ本多勝一の著作を思い起こさせられました。

 『栄養転換ステージ5へ』では,肉食の課題と今後の解決策が提案されています。

 「肉のもつ多くの意味に気づく」ことから,気候変動対策に動ける「新しい人類」の一歩が始まる。

 脳を発達させる代償として,腸を短くした人類。
 
 栄養源を調理された肉から効率的に摂取できるようになり,さらに脳を発達させた人類。

 TVコマーシャルでは,「肉食」の宣伝はあまり見られず,ダイエットが至上命題のように扱われていますが,町を歩くと新しいステーキハウスが次々にオープンしています。

 日本でも徐々にプラスチック製ストローの提供を控える飲食店が増えていくかもしれませんが,地球環境対策にはアメリカと同様にトップダウンの力が弱いのが日本という国です。

 江戸時代に注目が集まるタイミングで,何か行動転換へのきっかけができるとよいかもしれません(日本でも当時,犬の肉を食べる習慣はあったようですが・・・)。 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 

「成長」も「革命」も起こらない未来へ



 眉唾ものの「未来予測」ではなく,「歴史」から「未来」を学ぶ姿勢の意味が分かる本です。
 
 教育をする立場からも,「過去」を学ぶ意味はそこにモデルを探すのではなく,「何を超えるべきか」を認識するためだという考え方がわかるようにすることは重要だと考えられます。

どうすれば「夢」の内側から外に出て,つまりは「夢よりも深い覚醒」を通じ,「革命」も「成長」もない未来の「豊かさ」を認識していくことができるのでしょうか。そのためには少なくとも,私たちは「成長」や「革命」,そしてこれらの観念の根底にある「進歩」や「発展」に向かって直線的に進む歴史観から外に出ていく必要があります。

 「歴史は繰り返される」と言いますが,それは「歴史から学んでいない」か,歴史から学んで意図的に繰り返しているか,「歴史の学び」が「浅い」ことが原因です。

 小中学校で「深い学び」というのは相当ハードルが高いような気がしますが,「成長」や「革命」を夢に出来ない現実を知ることで,空想主義的教育からは脱却できるはずです。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ

すごい東大もやばい



 テレビで顔が売れた東大史料編纂所の教授が,「東大教授」という肩書きで,『やばい日本史』を監修する時代が来るとは,予想もできなかった。故石井進先生はいつも大変穏やかな方だったが,さすがに眉をひそめる事態ではないかと思われる。

 ただ,大学生ですら,ほぼ「すごい」と「やばい」で「感想」が成立するような時代に必要な本とは何かを考えさせられる。また,「国を愛する心」を育てるために歴史上の人物の「優れた業績」「社会に果たした役割」ばかりに目を向けることで,歴史への興味や関心を育てられない小学校の教育が対極にある現状の課題も意識させられる。

 歴史に関する本というのは,基本的に「ネタ本」の情報の使い回しだけで成立する。

 漫画とセットで売り出す流れもそれなりの期間続いている。

 「すごい業績」ばかりでなく,「やばい実態」を知ることの方が,変化の激しい時代を生き抜く知恵を得られやすいのではないか,という錯覚も感じてしまう。

 しかし,「実はイケメンではない」とか「戦は強いがイケメンには弱い」とか「戦でビビってうんこをもらす」などいった「やばさ」を「売り」の対象にしている本を東大史料編纂所教授が監修していることは,「何かが終わった」「大切なものが失われた」象徴的な事象に見える。

 「すごい東大」も「やばい東大」で売っていく時代になっていくのだろうか。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ教育問題・教育論 ブログランキングへ 
最新コメント
アクセスカウンター

    受験ブログ
    livedoor 天気
    「livedoor 天気」は提供を終了しました。